.NETちょこっとリファレンス

C#、VB.NET、ASP.NET、VisualStudioのリファレンスです

コレクション関連

[VB.NET] Listを使う

投稿日:2018年8月8日 更新日:

Listはコレクションのひとつで、
要素をリスト形式で保持するオブジェクトです。

【名前空間】System.Collections.Generic.List
【対応バージョン】VB 2005以降

サンプル

例)StringのListを生成して値を取得する。

(結果)
東京 名古屋 大阪

以下は、ArrayListを使うパターンです。

例)StringのArrayListを生成して値を取得する。

(結果)
東京 名古屋 大阪

Listの操作メソッド

Listの操作メソッドには以下のものがあります。

【Listのメソッド】
メソッド意味
.Add(obj)Listの末尾に要素objを追加する
.CountListの要素数を取得する
.Insert(idx, obj)Listのidx番目に要素objを追加する。
.Remove(obj)Listから要素objを削除する (一番初めのもののみ)
.RemoveAt(idx)Listからidx番目の要素を削除する。
.RemoveRange(idx, cnt)idx番目からcnt要素削除する。
.Contains(obj)要素objが存在するか判断する
.Clear()全ての要素を削除する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コレクション関連
-,

執筆者:




comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です