.NETちょこっとリファレンス

C#、VB.NET、ASP.NET、VisualStudioのリファレンスです

コレクション関連

[VB.NET] Listを使う

投稿日:2015年10月28日 更新日:

Listはコレクションのひとつで、
要素をリスト形式で保持するオブジェクトです。

【名前空間】System.Collections.Generic.List
【対応バージョン】VB 2005以降

Listの操作メソッドには以下のものがあります。

【Listのメソッド】
メソッド 意味
.Add(obj) Listの末尾に要素objを追加する
.Count Listの要素数を取得する
.Insert(idx, obj) Listのidx番目に要素objを追加する。
.Remove(obj) Listから要素objを削除する
(一番初めのもののみ)
.RemoveAt(idx) Listからidx番目の要素を削除する。
.RemoveRange(idx, cnt) idx番目からcnt要素削除する。
.Contains(obj) 要素objが存在するか判断する
.Clear() 全ての要素を削除する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コレクション関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

VB.NET

[VB.NET] Listを生成する

コレクションのListを生成するサンプルです。

VB.NET

[VB.NET] SortedListを使う

SortedListはコレクションのひとつで、 要素をキーと値で保持するオブジェクトです。 それだけだと、Dictionaryと変わりありませんが、 Dictionaryとの違いは、自動的にキー順にソ …

VB.NET

[VB.NET] Dictionaryを使う

Dictionaryはコレクションのひとつで、 要素をキーと値で保持するオブジェクトです。 【名前空間】System.Collections.Generic.Dictionary 【対応バージョン】V …