.NETちょこっとリファレンス

C#、VB.NET、ASP.NET、VisualStudioのリファレンスです

ASP.NET

[ASP.NET] 例外発生時に共通エラーページを表示する

投稿日:2015年10月25日 更新日:

ASP.NETで例外が発生した時に、独自に作成した例外お知らせページに自動的に遷移させるには、例外お知らせページを作成して、Web.configに登録すればOKです。

手順

①例外お知らせページを作成する。
②Web.configファイルの「system.web」タグ直下にあるの「customErrors」タグを以下のように書き換える。(無ければ追加する。)

これで完了です。(*´▽`*)

但し、IIS上で動かした場合のみ遷移します。
(VisualStudio上で、デバッグ実行している時は出ません。)
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ASP.NET

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ASP.NET

[ASP.NET] POSTする最大値を設定する

ASP.NETでは、サイズの大きいページやファイルなどを送信すると 「要求の長さの最大値を超えました。」というエラーが発生することがあります。 これは、デフォルトで4MBまでという制限が掛っているため …

ASP.NET

[ASP.NET] Oracleコネクションを取得する

ASP.NETで、オラクルのコネクションを取得する方法です。 【準備】 ①Oracle.DataAccess.dllに参照設定を行う。 ※Oracle.DataAccess.dllはオラクルクライアン …

ASP.NET

[ASP.NET] Exception発生時に共通処理を行う

ASP.NETで、例外発生時に共通して処理を行いたい場合は、 Global.asaxファイル内の「Application_Error」内に処理を記述すればOKです。 Global.asaxは、プロジェ …

ASP.NET

[ASP.NET] ボタンクリック時に確認メッセージを表示する

ボタンクリック時に確認メッセージを表示するサンプルです。 例えば、ログアウトボタンを押した時に、いきなりログアウトせずに 確認メッセージを出したいなどの用途に使えます。 [crayon-5a0f6c7 …